所有不動産を売却するのか?賃貸にするのか?と迷ったときの対処法とは?

不動産査定の比較と言うと、ついつい売却を前提とした査定をイメージしてしまうものです。 しかし、昔から不動産は「賃貸にして儲けを得る」という方法もあります。 ケースバイケースになるため、どちらがよいのか?と断言することはできませんが、不動産業者に相談してみるのも1つの手でしょう。

ということで、今回のテーマは、この賃貸視点で査定、売却視点で査定について触れていきたいと思います。 賃貸視点も取り入れることで、選択肢が広くなるため、より精度の高い査定比較ができるため、非常にお勧めです。 前置きは、これくらいにしておいて、以下よりお話にはいっていきたいと思います。

■賃貸・売却のメリットとデメリットを把握

賃貸には賃貸の良い所と悪い所、売却には売却の良い所と悪い所があります。

これらをしっかりと把握して、どちらの方法を取っていくのか?を判断していく必要があるというわけですね。

正直なところ、素人判断では危険のため不動産業者の担当者の方に相談しつつ、決めて行くことが一番よいかと思います。

■総合的に判断をして決定する必要はある

どちらにするのか?を判断するときは、必ず多角的な考えで決めていくことを強くお勧めします。

色々と面倒な作業になってしまいますが、満足の行く結果を得られやすいため、踏ん張りどころになります。

また、最初は売却、一定期間売れなければ賃貸のようなスケジュールも1つの売り方なので参考にしてみてください。